北区Blog

【三宮】鍵

この日は東門《鍵》で串かつをいただくことに。
d0068879_8155956.jpg








目の前で揚げてもらったものをすぐにいただける幸せ。
d0068879_816649.jpg
店内はカウンターのみ、20席弱ほどでしょうか。席に着くと「お任せでよろしいですか」と尋ねられ、(異論がなければ)おすすめの順番で串が出てきます。苦手な食材などがあれば抜いてもらうことももちろん可。

何も考えずいつも「おまかせ」なままで。いや、、、昔は肉系のものはひき肉だろうがすべて外してもらっていたような・・(-_-) ま、大人になってからは素直にコースを堪能しています。
わかりづらい写真ですが、海老パン。一番好きな串のひとつなのですが、コースの最後のほうで出てくるのよね。
d0068879_8162484.jpg
というわけで、たいがいコースの終わりまで堪能してしまう悲しい性。日によっても違いますが、おおよそ25本前後。毎回完走してしまったことに頭を抱えてみるのですが、カウンターの向こうからは「ふた周りするお客様もいらっしゃるよ」とのこと。まだまだです。(何が?)

夫はごはんと赤出汁のセットをお願いし、も少し早い段階で満腹信号に襲われていたようでした。
d0068879_8161261.jpg
「バナナでも揚げましょか」とはありがたいお声。
d0068879_8163118.jpg
(ちょっと行儀悪いですが)
d0068879_8163872.jpg
大概〆より最初にデザートをいただいておきたいと思うのですが、こちらのお店では別。最初にバナナをいただくと絶対に海老パンまで辿り着けない・・!

ちなみにコースの中には栗が入ってました。渋皮つきを丸ごと、ほくほくで甘いこと。そういえば夏にはマスカットを揚げてもらった記憶もうっすら。
「日本的なもの」を求められる外国の方をお連れしたりすると非常に喜ばれるのですが、誰よりもわたしが毎回一番興奮、そして堪能している気がします。うふふ。

この日のコースの一部・・
海老、鱚、ばい貝、蛤(2枚目の写真)、海老パン(3枚目の写真)、蛸、烏賊、サーモン、牛肉、ピーマンの肉詰め、砂ずり、手羽先、アスパラガス、椎茸、栗、そして最後はバナナで〆

・・半分しか思い出せないのね(T_T)
[PR]
by kobe_kita | 2007-10-26 01:41 | +和